« September 2007 | Main | November 2007 »

10/30/2007

ちょっと先取り

フレンステッド モビールの画像 モビールを飾ってみました♪

10/27/2007

たまにはいいもの買うもんです

Bally Tommy の画像  ものの値段にはそれ相応の価値がある、と基本的には考えています。安いものには安いものなりの、高いものには高いものなりの価値がある、ということです。

 それを実感するできごとが最近ありました。

 New York に行ったとき、Bally のバッグを購入しました。20 代の頃に一目見てから、ずっと欲しいと思っていたタイプのバッグです。以前六本木ヒルズの店舗に行って実際に見せてもらったけど、結局買わずじまいだったり……とまあ僕にとっては、欲しい気持ちを数年持ち続けてついに購入した代物なんです。

 ところがそのバッグが、購入後 3 カ月で壊れました。ファスナーのつまみがとれたんです。とれた金具もなくしてしまったので修理に出すことに。

 新宿に行く用事があったので、伊勢丹で修理をお願いしてみました。すると伊勢丹のバッグ売場担当者さん曰く、「海外でご購入されたものですので、1 カ月以上かかる場合もございますがよろしいでしょうか」。ちょっと驚きましたが、特に急ぐわけでもないのでそのまま修理をお願いしました。

 そして翌日。

 仕事中に席を外してから戻ると、めずらしく携帯電話の留守電が入っていました。何だろうと思って聞いてみると、

 「バリー・カスタマーサービスの○○でございます。お客様のバッグを今回は無償で修理させていただきます。明日発送予定となっております。」

 ……はい?!(゜Д゜)

 伊勢丹の担当者が言ってた 1 カ月云々はなんだったの?! っていうか、もしそう言ってなかったとしても早すぎ! しかも無償?! 壊したのは使ってた僕なんですけど。

 そしてその翌日、修理されたバッグは本当に届きました。

 丁寧に梱包されており、型くずれしないようにバッグの中にも詰め物がしてあり、さらに薄い紙できちんと包装されていました。修理箇所も問題なく、非の打ち所がありません。

 返信用のアンケートが同封されていたので、最大限の感謝を伝えておきました。

 まあ最初から壊れなきゃベストだけど、どんなものでも壊れることがあるのはしかたがないこと。起こってしまったことに対してその後どう対応するか、それがさらにその後の決め手になるんだなあと実感。

 だって今回の一件で、僕はこんなすぐ壊れる Bally のバッグなんて二度と買わない、なんて思うどころか、次にまたちゃんとしたバッグを買うことがあれば、まず Bally から選んでみようという気になっているのだから。

 こういう長いスパンでのサービスへの対価も払ってみるものです。

10/13/2007

ネイルサロン初体験

手入れしたネイルの画像  週末出かける前にちょっと時間があったので、以前から気になっていたネイルサロンへ勇気を振り絞って足を運んでみました。

 爪のお手入れって、女性にとっては当たり前な身だしなみの一部だろうけど、男性にとっては優先順位がかなり低いものではないかと思います。しかも爪のお手入れって……何というか、一線を超える美容って感じがしませんか?>男性諸君。

 サロンの前まで来ると、コースの一覧があります。爪の形作り、それと爪磨き。個別にお願いできて、お値段はどちらも 1000 円と手ごろ。迷った末にお店のネイリストさんに相談すると、どちらもオススメとのことで(そりゃ商売だからね)、時間の余裕もあったからどちらもお願いすることに。

 まずは爪の形作り。ヤスリで形を整えます。普段から爪を切るときはヤスリで形を整えてはいるんだけど、そこはさすがプロ。ヤスリの角度が違う。僕は自分でヤスリをかけるとき、以前何か記事で見た情報を参考に爪の外側から 45 度くらいの角度でヤスリをかけてたんだけど、ネイリストさんは逆に内側からヤスリをかけてます。どうも上からヤスリをかけるのは、爪の長さのある女性の場合だそうで、爪が短い男性の場合、内側からかけるんだそうです。

 形作りが終わったら、続いて爪磨き。内心実はかなり楽しみにしてたのがこれ。過去に自分で何度かやったことはあるんだけど、とにかく面倒くさいのと、それなりには輝くんだけど仕上がりが今ひとつ満足できなくて、結局習慣にはならずじまい。今日も右親指の爪の表面に少し凸凹があって、これがどう仕上がるか期待は高まります。

 ネイリストさんは、まずオイルをささっと塗ってから作業を始めます。肌の手入れと同じく、爪もオイルやクリームで手入れしたほうがいいんだって。これは知らなかったんだけど、爪というのは年齢を如実に反映する部分で、加齢とともに表面が凸凹になりやすくなるそうです。ってそれって今日の自分じゃん!(涙)

 それから慣れた手つきで爪を次々と磨いていきます。ヤスリはベース用とフィニッシュ用があって、フィニッシュ用はヤスリ表面にワックスが含まれているそうです。で、とりあえず仕上がった爪を見てみると……

 スゲーーーーーー!!! キラキラ輝いてる!!!

 自分の爪とは思えない指先がそこにはありました。

 ここまでキレイになるなんてもうホントに感動! これは新しい習慣になりそうです。

10/12/2007

Apple Wireless Keyboard とキーボードあれこれ

Apple Wireless Keyboard の画像  Apple Wireless Keyboard がやっと届きました。

 そのデザインをひと目見た瞬間から欲しいと思っていましたが、実際に使ってみると、見た目とは裏腹に使い心地もすごくいい。

 写真でわかるとおりものすごく薄いんだけど、そこらのキーボードよりよほどしっかり作られているため、キータイプによってキーやキーボード本体がたわんだりぐらついたりしないのです。そもそもタッチが深くないから、ビシバシ打つってわけでもないけど、安定性が抜群です。

 さて、以前こんな記事を書いたときに「キーボードは選ぶべき云々」みたいなことを少し書きましたが、それについてさらに書いておきます。

Continue reading "Apple Wireless Keyboard とキーボードあれこれ" »

10/07/2007

またひとつ年を取った

アンリ・シャルパンティエのケーキの画像  今年も誕生日がやってきて、またひとつ年を取りました。

 ひとつ実感として加齢を感じることがあるとすれば、それは「疲れ」が「体調不良」として即座に現れることが多くなったこと。もっと若いときは「あー疲れた!」で終わってたのが、最近だと「あー疲れた。頭痛い。」とかになることが多くなった気がする。

 30 代は美容より健康だなあ……。

10/03/2007

変な夢を見た

 今朝は妙にリアリティのある、それでいて事実とはかけ離れた夢で目が覚めました。

 登場人物は学生時代の友人たち。語学研修で知り合った他大学の友人・S ちゃんと、同じ大学の友人・M さん。M さんは今でも連絡が取れる関係だけど、S ちゃんは残念なことにお互い大学を卒業して以来疎遠になってしまい、今では連絡も取れない状態です。

 で、夢の中で彼らが何をしているかというと、「ラテン語で街頭演説をする話題のあの人」という感じでメディアに取り上げられている、という状況。バチカンでもないのにラテン語っていったい(笑)。しかも僕らは語学が専攻だったけどみんなドイツ語だし。何について街頭演説していたのかも、夢の中ではわかりませんでした。

 ちなみに街頭演説をしていたのは S ちゃんのほうで、「某大学(彼女の出身校)初の女性総代で云々」みたいな解説をされていた。彼女が総代だったのか、はたまた女性初だったのかも定かではありません。

 ……と、このあたりで携帯電話のアラームが鳴って目が覚めました。

 あまりにも内容が支離滅裂な上、鮮明なカラー映像で夢を見たからかなり気になって、ベッドから出てまずしたことといえば、

 その友達の名前で Google 検索(笑)。こういうときに mixi とかがまともに機能して探すことができればいいのにね。

10/02/2007

ダイエットの落とし穴

 引き続きダイエットに励んでいるわけですが、思わぬ落とし穴がありました。

 気づいたのは昨日ジムでウェイトトレーニングをやったとき。

 なんかパワーが落ちてるし、扱える重量が減っているような??? 普段とそれほど変わらないトレーニングをしているのに息絶え絶えだし(苦笑)。

 じんましんが出たり疲れが取れなかったり、体調も実はイマイチ(これは仕事が忙しかったというのもあるけど)

 ダイエット中とはいえ、取るべき栄養素が取れていなかったようです。ちょっと反省。

 けど体重はまた 1 週間で 1 kg 減ったし、さらに食事に気をつけてがんばります♪

« September 2007 | Main | November 2007 »

May 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Twitter